心療内科で心と体を元気にしよう|憂鬱の元凶はココロに潜んでいる

医者

心と体の関係性

診断

心療内科という名前はよく耳にするけれども、実際にどのような治療を受けることが出来るのかは良く知られていません。こちらのページで、浦和の心療内科で行なわれている具体的な治療内容を確認して行きましょう。浦和の心療内科では主に心の治療を受けることが出来ます。最新医療でも身体と精神的な部分は大きく関係しているとされています。病は気からという言葉がありますが、まさに精神の状態は体の病気と深く関わっているのです。そしてその精神部分が原因で発症した病気の治療を行なっているのが浦和の心療内科というわけなのです。

心療内科においてメインで扱っている病気の1つに心身症というものがあります。心身症は精神的ストレスに対して、患者さん自身が無理に対応しようとした結果、引き起こされてしまう症状の総称です。人は過度なストレスを受けると、精神面だけでなく体力的にも疲労困憊し、体の免疫力が著しく低下してしまいます。すると様々な病気を発症しやすくなってしまうのです。具体的な症状の例を挙げると、胃や腸がストレスに対して敏感に反応し発症する過敏性腸症候群、腹痛や腹部の不快感、下痢、便秘などがあります。あくまでもこれらの症状はほんの一例で、実際にはさらに多くの症状が報告されています。浦和の心療内科は精神科と同じくくりで考えられがちです。しかし心療内科では体に現れる症状を主に対象とし、精神科は精神症状を中心に身体症状も対象とするという違いがあります。まずは最寄りの専門機関の医師に相談し、ご自身の症状に合わせて最適な治療の選択を行ないましょう。