心療内科で心と体を元気にしよう|憂鬱の元凶はココロに潜んでいる

医者

従業員の強い味方

女医

ある一定以上の規模の企業には産業医が存在します。一般的に産業医は従業員の健康管理を管理するお医者さん、もしくは従業員の相談相手になってくれるカウンセラー的な存在としてイメージしている人が多いでしょう。確かに産業医は労働者の健康管理をするのが主な仕事内容です。また従業員の相談に乗ることで、精神的なストレスの解消をすることも可能です。ここで把握しておきたいのが、産業医は自ら従業員の治療を行なうことはないということです。あくまでも従業員の身体や精神状態を確認し、健康管理を促すことが仕事内容なのです。そのため産業医は健康増進するための医療知識を豊富に持ったアドバイザー、といった方が的確かもしれません。

さらに産業医と一般的な治療医の違いは、その職場の状況を細かく把握できているか否かということでしょう。産業医は治療こそ行ないませんが、職場の労働環境、人間関係などを細かく把握することができます。ですが治療医は患者さんの病気の症状を治すことがメインになるため、職場環境のことを細かく把握することはできません。つまり会社に産業医が居るということは、予期せぬ従業員の病気トラブルに、前もって対応することが出来るということになります。産業医は身体の調子が悪そうな従業員がいれば、誰よりも早く気づき、病院を紹介し治療を勧めることが出来ます。また会社に対しても対象となる従業員の勤務スケジュールの調整を依頼し、対象者の治療活動をサポートすることも可能です。従業員の健康悪化が原因による事故や災害を未然に防ぐという点でも、産業医の役割はとても重要だと言えるのです。産業医を紹介してほしいという企業の担当者は、ネット上の産業医紹介サイトなどを利用してみましょう。その企業にふさわしい産業医を紹介してもらうことが出来ます。